経営計画

当社は、将来を見据えた大きな業務変革として、「2020年に向けた業務刷新」と題する活動を全社で取り組んでいます。お客様のご要望に的確にお応えし、また仕入先である塗料メーカーの改革にも確実に対応するためには、今まさにこの時点から長期間にわたる刷新活動を積み重ねていくことが重要との認識に立っています。業務の変革なくして、業容の拡大なし、という固い決意を示しています。

活動の背景

2008年秋のリーマンショックは、100年に一度と言われる激しさで日本に景気後退の波をおくり、その2年後、やっと回復の兆しが見えて来たところで、今度は、ギリシャ危機を契機とした15年ぶりの円高不況に突入して来ました。

塗料メーカーでは、国内の事業規模の最適化、少量多品種時代への対応など、新たなビジネスモデルの構築に取り組んでいます。

また、お客様である多くの製造業では、国内拠点の統合を進めたり、グローバル視点での製造拠点の最適配置に取り組み、それはお客様の中期経営計画を見ても明らかです。

このような経営環境の変化、仕入先やお客様の構造改革に対応して当社が事業を推進していくために、改めて当社の存在意義から見直し、業務刷新上の課題と改善方策を実行しています。

会社情報